2010年 02月 26日

外国人少年の刑法犯摘発1087件、1・6倍に(読売新聞)

 昨年1年間に外国人の少年(14歳以上20歳未満)が刑法犯として摘発された件数は1087件で、前年(667件)の約1・6倍に上ったことが、警察庁のまとめでわかった。

 2002年以来7年ぶりの増加で、警察庁は「不景気による経済情勢の悪化などが影響している」と分析している。

 刑法犯の摘発件数のうち、車上狙いや空き巣などの窃盗犯が前年の399件から790件にほぼ倍増。全体の増加分の9割超が窃盗犯だった。摘発された人数はフィリピン人が最も多く、ブラジル人、中国人と続いた。

1日当たりの入院・外来患者数とも増加―病院報告・09年10月概数(医療介護CBニュース)
湯浅氏は引き続き協力を=菅副総理(時事通信)
児童13人が異臭で病院搬送=全員軽症、ストーブが原因か−埼玉(時事通信)
少子高齢化、人口減少…日本経済、繁栄持続の道は(産経新聞)
食パンに針混入=67歳女を逮捕−三重県警(時事通信)
[PR]

by s18ug0uopm | 2010-02-26 05:53


<< 35歳主婦が首を切られ死亡 通...      女児にお名前は? 公園トイレで... >>