歯科医のまたーりぶろぐ

g4tbep84.exblog.jp
ブログトップ
2010年 02月 27日

35歳主婦が首を切られ死亡 通報の夫「自分が刺した」 静岡(産経新聞)

 24日午前2時25分ごろ、静岡県掛川市宮脇のマンション3階で、「1人死んで、もう1人も大けがです」と、この部屋に住む男性会社員(42)から119番通報があった。駆けつけた消防隊と県警掛川署員が、洗面所で妻の主婦(35)が、首を刃物で切られ、あおむけに倒れて死亡しているのを発見した。

  [フォト]青いシートで覆われた主婦が殺害されたマンション

 近くの廊下には、首と手首に切り傷を負った男性がうずくまっており、病院へ搬送されたが、命に別状はないという。

 同署の調べでは、洗面所に血の付いた包丁とはさみが落ちていた。男性が消防隊員に「自分が刺した」と説明したことなどから、同署は、男性が妻を殺害したとみて、回復を待って詳しい事情を聴く方針。

 同署によると、男性方は、妻と子供3人の5人暮らし。当時、子供らは就寝中で、いずれもけがはなかった。

 現場はJR掛川駅から、北東約2キロの住宅街。

【関連記事】
偽りの果てに女性を殺害 別れさせ屋の「愛」
娘を売り物にした母親たち 1歳女児まで餌食にした男の欲望
「私は神と同じ」… 信者にわいせつ容疑の韓国人牧師の素顔
見逃されたSOS…両親からの虐待で死亡した7歳男児の阿鼻叫喚
クマ出没、注意呼びかけ 「慎重に対応を」静岡・掛川市郊外

「今後も骨太の言論を」 正論新風賞 遠藤浩一・拓殖大大学院教授(産経新聞)
国民新・下地氏、普天間移設「混乱すれば次世代に負担」(産経新聞)
4氏の争いに=石川知事選(時事通信)
国母選手が帰国、身なり整え「分かんないっす」(読売新聞)
馥郁たる神の酒 大倉本家の酒造り(産経新聞)
[PR]

by s18ug0uopm | 2010-02-27 14:37


<< スーパーに軽自動車突っ込む 新...      外国人少年の刑法犯摘発1087... >>