2010年 03月 07日

「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)

 カタカナ語は控えて――。

 宮崎県議会一般質問で1日、東国原知事に対して、あいさつや議会答弁を分かりやすい言葉で話すよう、議員が迫る一幕があった。

 高橋透議員(社民党)は、知事が答弁でポテンシャル(潜在能力)やニート(若年無業者)、モチベーション(動機付け)などを使ったことを例に挙げ、「いかがなものか」と尋ねた。

 知事は「一般に伝わると思えば、カタカナ語を使う。できるだけ県民に考えが伝わるよう、分かりやすいワード(言葉)を使いたい」と、冗談を交えて応じた。

 一般質問後、知事は「日本語に直すと、平易になり過ぎたり、分かりづらくなったりする弊害もある。子どもから大人まで分かりやすい言葉を使いたい」と語った。

「MRは薬剤師の職能の一つ」が86.8%―MR教育センター調べ(医療介護CBニュース)
<売上高水増し>容疑のニイウスコー元会長ら2人再逮捕(毎日新聞)
消費者物価1.3%下落=11カ月連続マイナス−1月(時事通信)
<ゴルフボール>特許侵害認定 輸入米社に賠償命令(毎日新聞)
米国務副長官、4日に来日(時事通信)
[PR]

by s18ug0uopm | 2010-03-07 19:42


<< 支持率続落で首相「民主らしさ見...      「ツイッター大臣」批判の読売記... >>